役に立つ財産管理情報

役に立つ財産管理情報

役に立つ財産管理情報 RSS Feed
 
 
 
 

コツコツと貯蓄できる保険

将来は受け取れる年金額が減るようになるといわれています。この原因は少子高齢化が関係しているのですが、今後、日本では資金づくりが大変になっているそうです。

また、公的年金では、受け取り年齢が、今よりも上昇するといわれています。そのことから、老後の生活にゆとりが得られなくなったことから、今後は公的年金を補ってくれるような年金づくりが求められるようになっています。

将来において足りなくなる公的年金を助けるには私的年金の活用が期待されています。私的年金には、企業が行う企業年金があります。企業年金は、確定拠出年金として整理されてから、この年金制度を活用する企業で働く人にとって安心できるものとなったそうです。

しかし、これは企業が行うものであることから、一般的には生命保険会社が扱う個人年金が活用されています。個人年金は、積立保険の一種で貯蓄型保険として年金不足を補う役割を果たしています。

他にも貯蓄性の高い保険には、養老保険があり、これは死亡保険金と同額の満期金が受け取ることができるもので、老後資金に最適な方法とされています。このように、毎月、コツコツと積み立てる貯蓄型の積立保険では、老後の生活にゆとりをつくる保険として知られるようになっています。

これからの資産づくりに最適な賃貸経営

将来、受け取れる年金が少なくなるといわれるようになってから、自分で資金づくりを行なう必要があるといわれています。ほとんどの人は、年金暮らしとなりますが、公的年金が減ってしまうようになると、老後の生活は厳しくなってしまうようになるそうです。そのことから、今後は、自分でしっかりと資金を作る必要があるといわれているのです。

しかし、景気がよくない日本においては、年金づくりは難しくなっているといってよいでしょう。アベノミクスによって景気回復が見られるようになりましたが、まだ、金融機関の金利が低いことから、資金づくりとしてはあまり効果がないとされています。

そのことからは、安定しながらも、効率よく資金形成ができる不動産投資への関心が高まるようになっています。不動産投資では、バブル時代によく行われてきた売買では利益が得られなくなっているため、最近は、不動産を賃貸して家賃収入を上げる賃貸経営に関心が高まるようになっています。

賃貸経営では、毎月、安定した収益が期待できるようになるといわれています。この方法では、低リスクで、老後の生活資金がつくれるようになることから、今後、投資方法として活用されることが期待されています。

更に詳しい情報は以下のサイトがお勧めです。
「富裕層のための不動産投資ナビ」http://www.ludlowcolonialcondos.com/

貯蓄型保険の特色を知っておこう

貯蓄型保険というものをご存知でしょうか?積立保険と呼ばれることも多いのですが、この二つは本質的には同じものだと考えて構いません。これらは、保険料がどのように扱われているのか、ということを示した保険カテゴリーの一つということになります。

貯蓄型保険というのは、保険料を保険のためだけに利用するのではなく、運用を行うことによって元金を増やしていきます。そして最終的には何かしらのトリガーでもって手元に戻ってくるように設計がなされているものをいいます。

貯蓄型保険として代表的なものとしては、終身保険や養老保険などを挙げることが出来るでしょう。終身保険というのは満期のない生命保険だと考えて頂ければ良いでしょう。確実に死亡時に返戻されるようになっているため、本人には効果がないものの、家族にお金を遺すことが出来るという点において優れた保険だと言えます。

養老保険は、満期「も」ある終身保険ということになります。死亡時に支払われるのは勿論のこと、満期を迎えた場合に死亡していなかった場合にも返戻が成されるようになっています。そのため、もし長生きした場合にはそのお金を自分で利用出来る、というのがポイントとなっています。

地域によって賃貸経営の利回りは大きく違う

賃貸経営をしていく時には、利回りに注意が必要です。利回りを意識することができなければ、賃貸経営で成功をすることはできません。

利回りというのはさまざまな要素が関わってくることになります。
人口であったり、賃貸物件の魅力であったり…さまざまな要素が絡んでくるため、一概にこれであるとは言えない状況になります。
そのような中で、地域というのもとても重要な要素になっていきます。
利回りが高くなりやすい地域もあれば、低くなってしまう地域もあることになります。
この地域をよく検討し、選んでいくことができないと、賃貸経営での利回りを期待することはできなくなってしまうでしょう。

賃貸経営の利回りで地域を選んでいく場合、必ず、データを集めていくことです。うわさや口コミを信じてしまうのではなく、根拠となるデータ、客観的に見れるデータを集めていくべきでしょう。そうでないと、正しい情報を得ていくことはできなくなってしまいます。

傾向としては、北海道などが、利回りが高くなりやすい傾向にあり、九州などはあまり利回りが良くならない傾向があると言えます。(これも時と場合によって大きく変わっていくので、必ずリアルタイムで情報を探していく必要があります)

積立投資をするならバランス型投資信託

コツコツと毎月のように積み立てる積立投資の代表格として投資信託があります。投資信託にも株式や債券、不動産などそれぞれに特化したいろいろな種類の投資信託がありますが、バランス型と呼ばれる投資信託もあります。

投資は分散投資が基本とされていますが、分散投資を始めてもそれぞれの資産ごとで値動きが異なりますので、時間が経過するとともに全体の分散投資のバランスも崩れてきます。この崩れたバランスを定期的にもとの資産配分に調整し直すことをリバランスと言います。

リバランスは具体的には資産配分が値上がりによって増えたものを売却し、減ったものを買い増す方法です。しかし、売却益には税金が、買い付け時には手数料がかかりコストが高くつきます。また、手間もかかることからリバランスの必要性を理解しながらなかなか進まないものです。

そこで定期的なリバランスの手間とコストを省くのがバランス型投資信託です。
バランス型投資信託は国内外の株式や債券など複数の資産に分散投資を行います。資産配分も自分のニーズに合わせて調節できるので、若い方なら株式の比率を高めてリスクをとりながら大きなリターンを狙ったり、高齢者なら安全性の高い債券の比率を高めるなどできます。

積立投資にもいろいろ方法があるので、自分の目的に合った方法で投資をおこなってください。

上手に投資を続けていきたい方には以下がおすすめです。
資産運用のコツを公開中
長く続けられる秘訣を紹介しています。

不動産投資のメリットとデメリットの比較

ミドルリスクミドルリターンの投資商品として、不動産投資が人気を集めています。

NISAも始まる投資がより身近になってきた最近の日本。不動産投資を始めてみようかなと考えている人もいらっしゃるでしょう。では始める前にそのメリットとデメリットを抑えておきましょう。

不動産投資のメリットの一つであり最大のメリットでもあるのが、不労所得が得られるということです。賃貸マンションなどを経営するにあたって、その物件購入などの諸手続きが済み、管理を外部に委託すれば、入居者が決まり次第賃貸収入が入ってきます。

様々な手間も管理会社が代行してくれるので、自分で動くことはほとんどありません。入居者が退去した場合も、不動産会社に依頼して、新たな入居者を探してもらうだけです。

強いて言えば、デメリットとしてはメンテナンスがかかることです。数十年も済み続けると、節々が傷ついてきます。やはり外観や内装はキレイな方が入居率も上がるので、その点もしっかりとメンテナンスしておく必要があります。災害や自殺などもリスクを含んでいることもデメリットの一つでしょう。

このように不動産投資を始める場合は、メリットとデメリットを十分に検証して始めるか決めると良いでしょう。

複利を利用した資産運用

「お金がたくさん欲しい」と願うのは、誰しも一度はあるとおもいます。しかし、注意をしなくてはお金に振り回される生活を送るはめになりかねません。

お金には、流れがりその流れを理解することでお金が手元にくる額も増えるでしょう。しかし、それはお金を支払うことも増えるということにもつながります。このように、お金はいったんは手元にきても、すぐに出て行ってしまうものと考えることで、お金に対する執着を捨てることができますよ。

ですから、どんなに少額でもお金を運用しているという意識をもつことが、お金をたくさん手にする秘訣です。例えば、お金を銀行に預けたときに計算される利子ですが、お金を銀行に預けるということは銀行にお金を貸すということでもあるのです。ですから、単利という計算方法を主に利用し、利子をプラスしています。今の日本の銀行では、単利がほとんどですが複利計算をしている銀行にお金を預けると、利子が雪だるま式にどんどん増えていきます。

このように、単利、複利といった、利子計算ひとつとってもお金の増え方の違いがあるのです。たとえその額が少額であっても、将来的にはかなり大きな額となって自分に帰ってくることを考えると、利子についてもしっかりと注目することがお得ですね。

メリットがたくさんある長期分散投資

投資信託を購入する上で欠かせないのが長期分散投資です。長期分散投資を行うと、投資のリスクを極限まで低く下げることができます。さらに、資金を最大限に増やすこともできますので長期分散投資はいいこと尽くめです。

長期分散投資はその名の通り、たくさんのたくさんの投資先に対して分散して長期保有させる投資方法です。分散投資をすることで、単一の株価が下落しても他の銘柄があることで、そのリスクを抑えることができます。また、長期で運用すると言うことは複利の効果の恩恵を受けることができます。複利の効果を生かすことができれば利息が利息を生む形になるので、資産を効率的に増やすことができます。

しかし、長期分散投資はなかなか継続できない方が多いのもまた事実です。長い年月をかけている間、ライフイベントもあり、結婚をしたり、お子さんを出産したり、マイホームを買ったりなどがあります。そういったことで家計を圧迫して投資信託を保有し続けることが難しくなります。
また、社会的にも経済不安が広がっているので、そういった不安要素にも負けず、投資信託を持ち続けないといけないのです。
その不安や経済的な事情でなかなか続けられないという方もいます。

長期分散投資において重要な考え方を身に付けるには以下がおすすめです。
ポートフォリオの組み方について学べる人気コンテンツ

多くの投資家が集う資産運用の手段を探す

インターネットを利用することによって、人気のある・なしを簡単に探ることができます。自分にとって負担の少ないものを選択したいという場合にも、インターネットでの比較検討は有効です。特に資産運用のようなお金が絡むものは、じっくりと検討を重ねることによって、ベストチョイスを目指すと、思いがけない恩恵を受けることができるようになります。

日常生活のどのタイミングで資産運用を行なうかによっても、利用すべき手段は異なります。投資に対する知識の有無によっても、利用できるものも限られてくるため、初心者であっても期待以上の成果が望めるところが理想です。

そんなにうまい話はなかなかないだろうと思ってあきらめているのであれば、まずは情報収集を行ないながら、今よりも負担の少ない、稼ぎの効率も期待できるところを探すことから始めるべきです。一つの口座で満足しているようでは、投資家としての成長も限られています。

資産運用は組み合わせ次第で色々な方法で行なうことができます。裁量に自信がないという駆け出しの頃でも、世界中の投資家が利用している手段を真似ることによって、自分なりのスタンスを見出すこともできるのです。

それが、インターネットを利用するだけで簡単に見つかるのは魅力的です。